ホワイトニングの基礎知識

  • HOME
  • ホワイトニングの基礎知識

ホワイトニングの基礎知識

ホワイトニングって何?

ホワイトニングとは、「歯の色調を改善し明度を高くして、自分の好みの白さに近づけること」です。きちんと清掃していても生活するなかで自然に着色してしまう歯ブラシなどでは除去することのできない歯の内部に取り込まれた色素(タンパクなどによる黄ばみ)をホワイトニングジェルで分解・除去し、歯を白くします。ホワイトニングには、歯科医院内でホワイトニング処置を行う「オフィス・ホワイトニング」と歯科医師、歯科衛生士の指示に従い患者さん自身が歯科医院以外でホワイトニング処置を行う「ホーム・ホワイトニング」があります。

1. ホワイトニングのメカニズム

1. ホワイトニングのメカニズム

2. オフィス・ホワイトニング

オフィス・ホワイトニングは即効性を最大の特徴として、一度の通院で「ある程度の白さ」が得られます。通常の歯科治療と同じように診療用チェア-に座り、2~3時間後にはホワイトニングが完了します。歯科医師または歯科衛生士が歯科医院でホワイトニング処置を行います。

1回で完了するので、「数日後に結婚式がある」あるいは「明日までにどうしても歯を白くしたい」など、時間がない方・忙しい方にお薦めです。

3. ホーム・ホワイトニング

ホーム・ホワイトニングはホワイトニング剤とカスタムメイドのトレーを自分で装着する方法で、効果は希望者の「やる気と実行力」に比例し、最低でも2~3週間程度の期間が必要です。現時点では、最良の結果が得られる方法でしょう。歯科医師または歯科衛生士の指示に従い患者さん自身が家でホワイトニング処置を行います。時間をかけて薬剤を深く浸透させるので、ホワイトニング効果がより高く、白さが持続します。

タレント、モデル、アナウンサーなど注目度の高い人や「白く美しい歯」を求める場合にはお奨めです。

ホワイトニングのメリット

1.削らないで歯を白くすることができる
2.色調や明度を簡単に改善できる
3.加齢により黄ばんだ歯を白く輝かせることができる
4.かぶせもので白くする場合と比較して虫歯になりにくい
5.比較的短時間で白くなれる
6.セラミックなどを使用する審美歯科治療に比べて経済的である
7.若々しい口元になれる

ホワイトニングのメリット

ホワイトニングにおける注意事項

1.ホワイトニング後の既存修復物のやり直し

歯は白くなりますが、すでに治療している修復物や補綴物(セラミック、レジンクラウンなど)の色は、ホワイトニング後も変わりません。そのため、ホワイトニング後にやり直す必要があります。

2.ホワイトニング期間中の飲食物の制限

ホワイトニング期間中は、歯を保護しているペリクルというタンパク質が剥がれ、外部からの影響を受けやすくなっています。そのため、着色傾向の強い飲食物(コーヒー、カレー、赤ワイン、ケチャップ、醤油など)・脱灰作用を起こす酸性飲食物(炭酸飲料、レモンなど)を控える必要があります

3.ホワイトニングによる不快症状の発現

ホワイトニング中や後に不快症状(知覚過敏、歯ぐきの違和感、噛みあわせや顎の違和感など)が現れることがあります。不快症状は全ての方に現れるものではありません。また、その不快症状も一時的なものがほとんどですのでご安心ください。

4.ホワイトニングの効果の個人差

効果の現れ方には個人差があり、早く白くなる方となかなか白くならない方がいらっしゃいます。多くの方には良好な結果が得られますが、歯の質、変色の原因、及びその程度に個人差があるため効果に違いがあります

5.ホワイトニングの永続性

ホワイトニングの効果は永久ではありません。ホワイトニング後の毎日の生活での外来性着色物(タバコ、コーヒー、カレー、赤ワイン、コーラなど)や口腔清掃状態不良などにより歯の色は変化していきます。そのため、歯科医院での定期的な歯のクリーニングが必要です。また、歯の変色が目立つようになったら、タッチアップ(定期的なホワイトニング)をお薦めします。

次のような歯には事前に処置が必要です。

①虫歯のある歯
②重篤な歯肉炎、歯周炎
③知覚過敏を有している方など

ホワイトニングができないケース

ホワイトニングはあらゆる症例に対応できるほど万能ではありません。やはり、ホワイトニングができない場合もあります。

1.アレルギーのある場合

ホワイトニング剤、あるいは治療に使う器材にアレルギーがある場合、当然ホワイトニングはできません。

2.妊娠中や授乳中の女性

妊娠中・授乳中にはできませんが、出産・授乳期間終了後おこないます。

3.エナメル質形成不全症や象牙質形成不全症の方

歯の成育段階での障害によって形成不全を起こした歯は、ホワイトニング剤が浸透しすぎるため、歯の神経にダメージを与えます。

4.重度のテトラサイクリン変色歯や金属材料の影響による変色歯

変色の原因によってはホワイトニング効果が全く無い場合があります。極端な茶褐色・暗紫色・黒色の場合は全く効果が無いことが多いです。

その他

無カタラーゼ症の方、小児など