光殺菌治療について

  • HOME
  • 光殺菌治療について

光殺菌治療について

光殺菌(LAD)治療とは

感染部分に光感受性物質を注入し、光を照射することで殺菌する安全な治療法です。

●医科では1990年ごろから早期がんの治療法として光力学療法という治療法があります。
●歯科では数年前から欧米を中心に、抗生物質を使わない体に優しい安全な治療法としてLAD治療が急速に普及しています。LADは Light Activated Disinfection の略で、日本語では「光殺菌」と訳され、光感受性ジェルを細菌に浸透させて光で殺菌する治療法です。

光殺菌(LAD)治療とは

どのような治療に有効か?

細菌が引き起こす病変の治療に有効です。

どのような治療に有効か?
根の治療(感染根管治療)
どのような治療に有効か?
歯周病
どのような治療に有効か?
インプラント周囲炎

光殺菌(LAD)治療の特徴

●痛みがありません。
●あらゆる細菌に効果があります。
●抗生物質(化膿止め)を使わないため耐性菌が出来ません。
●耐性菌にも効果があります。
●副作用がなく、繰り返して治療に利用できます。
●通常のレーザーより安全に使用できます。

※光過敏症の患者さまには利用できません。

光殺菌(LAD)治療の手順

1. 感染源の除去
通常の治療を行います。 根の中の掃除や根の表面の歯石などの感染源を除去します。

2. 光感受性ジェルの注入
光感受性ジェルを根の中、歯周ポケット、粘膜上に注入または塗ります。

3. 光殺菌
30~10秒間、光を照射することで、光殺菌します。

4. 洗浄
光感受性ジェルや死滅した細菌を洗い流します。

痛みのない、体に優しい治療です。             
※当クリニックでは、光殺菌治療で世界をリードするCMS dental社のFotoSan630(デンマーク製)
を使用しています。
FotoSan630は最先端医療機器のため、日本ではまだ承認されていない医療機器です。
当クリニックではその安全性と効果を確認の上、歯科医師の裁量のもと治療に取り入れています。
(自費診療となります。)
※本項は広告ではなく当医療機関の情報提供・広報に該当いたします。